Search

A Ferret Called Wilson

Chasing Happy, Chasing Dreams

Tag

ライバル練 My Rival

ずーっと探していたものがこないだ見つかりました。ライバルです。

女子で、強くて、本気で、かわいくて、パーフェクトなライバルです。今のところはスキルもほぼ同じレベル。彼女は競技の経験が長い、10年長い、ですが、私の方が自転車の愛情を持っています。どっちが勝つんでしょう?

周りの人間は、みんなライバルの方に掛けています。少しずつわかってきましたが、誰も私のことを信じていません。もしかして楽しんでいる人、または笑っている人が勝てるわけないとかと思っているでしょう。無意識でね。痛いです。私の仲間のはずの人達が私のことを信じていません。

でも、大丈夫です。私は生まれてからずっと独りでやってきた人なんです。周りが信じていなくても私はやりたいことを自分一人でやります。しかも今はライバルができています。ライバルは私のことを信じなくても引っ張ってくれますから力となります。

そして、私たち2人が笑いながらチャンピオンになった時にみんなが私たちの笑顔を見て、「なるほど。笑っているやつでも勝てるのだ」と思います。

それで世界が変わります。

私は幸せと楽しみの代表として活動をしています。

よろしくお願いします!


English:

Continue reading “ライバル練 My Rival”

女子仲間

5年近くかかったが、やっとサイクリングの女子仲間が見つかりました。

なんて嬉しいことですね。

土曜日のことですが、朝8時青梅駅集合で、100キロ近く一緒に走りました。青梅から奥多摩湖まで走って、そこからやさしい帰り道を探したら、なかなかありません。そうですね。山の中を走っているとヤサシイ道はないんですね。都民の森経由で五日市まで一緒に下りてきました。獲得標高は2000メーター強でした。

こんなコースはもう慣れています。しかし暑い中を走って熱中症にもなって、切のない上りも、恐怖心の強い下りも、その全てのことを私の同じ心を持った女と共有するのは何よりの幸せでした。

帰ってきて数回のメールを通じたらこう言われました。

あなたはもう一人じゃない。

そうですね。一人の仲間でも見つかったらもう一人じゃありません。これから何でもできるように感じます。

そして、やりたいことは一つぐらいです。自分暦最強に最も速くになることです。

自分の限界が知りたいです。私は、どこまでいけるのでしょう?wpid-imag3102.jpg

Martyn Ashton Rides Again

For some of us, we are afraid to chase our dreams. For others, we chase them, only to get discouraged when people tell us they are impossible.

For Martyn Ashton, however, “physically impossible” wasn’t a reason to stop chasing his dreams. He took the longest, hardest fall a human can: From international bike trials champion, to a wheelchair. He tried typical parasports. He tried giving up the bike, but to him, biking is in his blood. Martyn needed to get back on a bike like he needed to breathe.

For Martyn, some dreams really do come true.

 
 


日本語

Continue reading “Martyn Ashton Rides Again”

Blog at WordPress.com.

Up ↑