Source: When to get a massage | Ella

持久系のスポーツは2010年、離婚と同時に始めた。その3年の間に正気を守るために向かって頑張る何かが必要だった。友達の言葉が心の中のスイッチを入れた

3時間走れば、都心からどれほど離れるかは知っている?

知らなかったから知るために出向いた。最初は良かったが、すぐにオーバーで怪我をしてしまった。ロッス師匠と共に働いているPhilamassagesExcel Physical Therapy、にはとても助かったが、とても大変だった。多分こんな経験をしたからこそいまだに身体のケアーに非常に細かい。

リハビリは週3、マッサージは月1のペースで半年過ごした。マッサージは酔っ払ったハイな気持ちになるが、財布に厳しかった上でパフォーマンスの影響は少ない。リハビリも色々役に立ったが、練習の量を上げる度に怪我が戻ってくる。

日本に来たらボディメンテを続けなきゃいけないのを確定した。Drストレッチの体験をしたら、まあいけそうと思って通うことにした。お店はチェン店でトレーナ達はみんな若くて頑張る子なの。

プロが言う、体が変わる

と言うけど、どうかな。1時間¥6,000でリーズナブル。

初めはセッションが痛み我慢の練習だった。常連の中の一番固い、一番うるさい、一番おもしろい客だと言われていた。トレーナーも身体のストレッチを楽しみにしてくれていたらしい。6ヶ月ぐらいがたったら、少しずつ身体の固いところが集中してき、痛みの性質も変わってきた。「やばい!触られただけで痛いのに、力が加わると絶えられるのか?」と思った怖い痛みもあれば、指圧で確実に筋肉が緩んでくるような痛みもあった。変なくすぐったいところも見つけた!一体どんな人間が足首がくすぐったいんだろう?インナーマッスルが鋭い痛みで、大きい筋肉が疲労で鈍い痛みになる。

ストレッチによってパフォーマンスが上がっているとは言えるのかと言うと、まあ、どうだろう。回復が早くなったりすることは気づいていない。が、身体が確かに柔らかくなってきている。それより、毎週通ってトレーナと打ち合わせしたりして、その時の練習とその時の筋肉の質の関係がみえてきて、よりスマートな練習ができている気がする。いや、確かにそうなの。毎週自転車に頑張っているんで、毎週頑張った後のストレッチをとても大事にしている。両方がチャンピオンになる私の道には不可欠なものなの。


English Version

Advertisements