ずっと楽しみにしてたチーム練はやっと参加できました。あまりにも楽しくて、脚がもうダメなんだけど、頑張りました。

まず、ユーキャンのスタッフの印象。社長は優しい人です。優しいけど、なんと言うか、話し方が正直すぎる。日本人としてね。最初は自分が悪いことをしたか、おこられているかと思ったが、そんなことじゃない。逆に、これがあの人の話し方だとわかったら安心しました。なぜなら、私もそう言うタイプです。他のスタッフも優しかったですね。二人の男性が付き合ってくださいました。もちろん私のペースが遅すぎて合わせることはつらかっただろうが、文句言わず笑顔で一緒に走ってくださいました。

さて、チームと一緒に走る気持ちの話です。最高ですね。スピードは出ます。周回コースで最初の2周は集団で走りました。あとの2周はみんながそれぞれのペースで。私は2周で、MKさんは6周。自転車のバカですかね?(笑)社長が何度も「1周目は彼女のためね」とか「MK君、よくペースを考えといてね」とかと言いました。嬉しかったですね。女だからいつも自分が一番弱い人です。だからいつも「待って!」とか、「付いていけない」とか「きつすぎる」とかと言ったりすることが疲れるの。恥ずかしいし、言い過ぎると自分が弱い人だとのことを信じてしまいます。今日はそんなセリフを言わずに付いて走れてとても気持ちよかったです。感謝でいっぱいです。

2周目が終わったら社長とスタフ2人が走り出して、一瞬で消えてしまいました。その瞬間に自分のペースが落ちてしまいました。頑張って力入れようとしても入らなかったのね。文句は言っていません。いつものペースに戻っただけです。と言うことは、チームと走るだけで速くなります。嬉しいです。

練習が終わったらパン屋さんで休憩しました。私はパンが食べれないんですが、美味しそうだったので2こ食べてしまいました。外で座って食べました。社長にちょっと仕事や自転車に付いて話しかけられました。間もなくみんなが、「ああ、そうだね。それは確かな病気ですね」とうなずいたりして言ってました。自分はそれはもうわかっています。しかし、そこで止まらなかった。「そう言う人は結構いますね」と言いました。

マジか?!紹介して!

今日はとてもお世話になりました。

Advertisements